学校教育の話題

ドイツでは、中等教育終了後、大きく2つのコースに分かれます。職人育成目的の職業教育と、大学教育につながる高等教育です。高等教育進学の場合、「ギムナジウム(8年制)」に進学することになります。日本では中高一貫教育に小学校高学年の期間を加えたもので、ヘルマン・ヘッセをはじめとする多くの文学作品にみられるように、学生たちは思春期の大部分をここで過ごします。

 

大学入学を目指すためには、「アビトゥア」という資格(中等教育卒業試験で日本では高等学校修了資格に相当)を得る必要があることもドイツ教育制度の特徴のひとつです。

 

一方、高等教育を希望しない生徒は義務教育の「グルンドシューレ」卒業後、「ハウプトシューレ(5年制)」と「レアルシューレ(6年制)」で職業訓練を受けます。どちらも日本の中卒資格にあたり、レアルシューレでは、ギムナジウム受験資格を与えられます。

 

ドイツ政府は、「教育機会の平等」として、大学教育までのすべてを国が負担してきましたが、最近では留年する大学生の増加をうけて、教育制度の改革が急務だといわれています。そのため、アメリカや日本のような「単線型」システム的な教育が広まっています。
伝統的なマイスター制度がその在り方を変えつつあることや、12歳で人生を選ぶ「複線型」のシステムを考え直そうという声があがっているためです。

 

これによって、シュタイナー学校のように、義務教育からアビトゥーア取得までをより柔軟に取得できるような学校が増えています。

インターネット上で占いサイトが続々と登場している昨今、占いの方法にも色々なものが登場して来ましたよね。メール占いや、電話占いなどはその代表なのではないでしょうか?そこで浮上してくる疑問がなんと言っても電話占いとは?メール占いとは?一体何?ということです。

 

電話、メールと利用ツールを明確にした占い名だけあって、恐らく分かりやすいとは思いますが、メールあるいは電話を利用した占いのことですね。具体的に、電話占いとは?と思う方ももちろんいらっしゃることかと思います。一体普通に占いサイトと一体何が違うのか、気になりますよね。→詳しいサイト

 

電話占いはリアルタイムで行うものです。

 

プロの占い師の方と電話を介して相談事をしたり、占いをお願いしたりする。これこそが電話占いの醍醐味です。ネット上でよく見かける占いサイトの占いは、ランダムで設定されたロボット占いが多数あります。これらのロボット占いは生年月日や名前などの分析をした上で結果を弾き出しているのであって、プロの占い師が一から分析して結果を出しているものではありません。

 

言わば、エンターテイメント性を重視した、お遊び半分の占いと言っても過言ではないでしょう。話題のネタとしてはこのロボット占いでも問題はございませんが、中には真剣に占って欲しいと思っている方だって当然いらっしゃるはずです。

 

電話占いは、そんな真剣な気持ちで占いをしたいと思う方への最適なツールだと言えますね。家にいながら本格的に占って欲しいと思う方には最適です。

成人男性の多くの切なる願いは、「頭髪を失いたくない」というものでしょう。まったくそんな悩みとは無縁のフサフサの髪の方もいますが、多くの男性は少なからず気にしなければならない状況になります。

 

いきなり本格的なお値段の発毛剤や育毛剤、はたまた植毛などを考える方は少ないと思います。こちらの男性・女性に選ばれる育毛シャンプー特集|市販ランキングというサイトによれば、まず最初に目をつけるのは育毛シャンプーでしょう。芸能人なども宣伝をしていて、比較的に手に取りやすくなってきたかもしれません。

 

しかしそれでもレジでお会計をするときに少しドキドキするのはなぜでしょう。いずれにしてもこの育毛シャンプーが、育毛に感心を持ち始めた人が最初に興味を示す分野と言えるでしょう。

 

では具体的に育毛シャンプーの成分とはどのようなものなのでしょうか。基本的にいって育毛シャンプーは発毛剤とは違います。発毛、また育毛しやすいように地肌を整えてあげるのが目的です。しかし頭皮を清潔にするだけでなく、育毛を促進させる成分もある程度は入っています。良く聞くものとしてはアミノ酸や海藻エキスなどがあります。

 

その他にもあげればたくさんありますが、聞いても暗記できないような横文字の成分が並びます。イチョウエキスやクロレラなども有名な育毛に適した成分ですね。こうした成分が含まれていますので、「育毛シャンプーだけで頭髪が育つわけではない」と聞いてがっかりしていた方も、是非毎日のケアを育毛シャンプーから始めてみることをおすすめいたします。

日本人は紫色はなぜか妖艶なイメージを持ったり、ちょっとエロティックなイメージを持つ人が多い。どこから始まったイメージかは定かではないが、そのようなイメージが根付いているような気が個人的にはしている。パワーストーンで言う所の紫色はちょっと印象が違う。

 

どちらかといえば、高貴なイメージが強いのだ。紫色の衣装などが古来より高貴な人のものとして扱われてきたこともあり、理想的な色、慈愛に満ちた色とも言われている。パワーストーンで紫色の代表と言えば間違いなくアメジストだろう。高級なパワーストーンブレスレット

 

宝石としても名高いアメジストはパワーストーンとしても色合いが優しく、とてもアクセサリーに入れるにしても用いられやすい。パープライトやスギライトなども紫系の石として扱われている。紫色は小学校の絵画の時間を思い出せばわかるけど、赤と青を合わせた色で構成されている。

 

情熱を表し何かと行動的な赤色と冷静さの象徴であり、落ち着きのある青色が混ざっているので、紫色のパワーストーンはバランスのとれたエネルギーを与えてくれる石であるとも言えるだろう。

 

どちらかに偏りすぎたときなどに用いれば再びどちらかに振れた天秤を戻してくれる色なのだ。高貴な色と言う印象からだろうか、紫色は驕りを象徴するとも言われており、プライドが高すぎる印象もある。もし、紫色のパワーストーンを持つときは、その色から自分はおごらずにバランスのよい行動をとるのだという意識を持っておきたいものだ。

運営者 高沢 岬
お問い合わせ先 info@alohavilla.net
その他 すぐにご返事ができない場合もあります。

音楽ほど、人の心を動かし、豊かにするものはないのではないでしょうか。小学校の音楽の時間で習って皆で歌った歌、皆で演奏した曲、給食の時間、放課後に流れていた曲、帰り道で商店街のスピーカーから聞こえてくる曲、どれもこれも、曲を思い浮かべるだけで思い出が自然とこぼれ出てきます。このように音楽は思い出と密接に関わっています。

 

そのため、音楽が人の思い出や人生に与える影響はとても大きいと考えられています。 ここで、音楽を教育的な視点から考えてみると、「音楽教育」という意味は、教育的に使われた場合、「音楽そのものについて」と、「音楽を通して」の教育の2つに大きくわかれるようです。

 

音楽そのものについての教育は文字どおり、楽器などをつかって、音楽的な技術・専門性を高める目的があります。幼稚園・保育園などで行われるリトミックから、小学校・中学校・高校の楽器を使った授業、また音大などの高度に専門的な授業などを指します。

 

音楽を通じた教育とは、音楽もまたひとつの表現ととらえ、運動会、体育祭、課外活動や合唱コンクールなどを通じて、その集団的・音楽的取り組みのなかで個々の発達に合った成長や喜びを見出すというものです。

 

昨今では、生涯学習としてピアノや声楽などを習う大人も増えています。これも音楽が人に与える癒し、喜び、音楽からもたらされる人生の豊かさを人々が渇望していることのあらわれなのかもしれません。幼い頃の音楽教育は、一生の宝物となるでしょう。

英才教育と聞いて、人は何を思い浮かべるでしょうか。自分には程遠い、縁がない、縁がなかったと感じる人も多くいるかもしれません。身近な例では、バレーやピアノ、水泳、絵画などの習い事に始まり、さまざまな習い事を親にねだった思い出は皆が共通してもっているのでないでしょうか。

 

一般的には、スポーツや芸術、学業など、ある特定の分野に秀でた人間となれるような教育方針を指しますが、「エリート教育」、「ギフテッド教育」などという言葉も聞きなじみがあるかもしれません。

 

一方、一般家庭で育った人とは異なり、特に歌舞伎や能、狂言など伝統芸能の世界では、英才教育として、ごく幼少のころから訓練を受けることが普通です。一芸に秀でた人間を育てるためには、分別を考えたり理解したりする前に、その世界に飛び込ませ、早い段階から環境を整えてあげることが大変に重要です。

 

とくに今日の日本では、国際化社会の昨今、英語を早い段階からマスターさせようという流れがみられますが、これも英才教育のひとつの形だといえるでしょう。

 

英語にかぎらず、子どもの可能性を信じて育ててあげることは親の大切な仕事です。そのとき、注意したいことがあります。それは、ごく初期から一芸を身につけさせる英才教育では、なおさら、その子が何に興味をもっているのか、注意深く観察し、対話や軌道修正を加えながら、子どもの目線になって道を切り開いてあげることが重要ではないか、ということです。

私たちが暮らす日本という国は大学進学率も高く、偏差値や大学ブランドが重視され、そのイメージが就職を左右するという学歴社会であるといえます。そのため、とりたてて大学とは何か、その本質を考える機会は少ないようにみえます。

 

その結果、大学教育には「教育」という側面から遠く離れ、「就職斡旋業」や「サービス業」のような意味合いがよくついて回ります。

 

大学で学生は本質的には何を学び、何を得るのでしょう。このことを真剣に考えたとき、はじめて大学教育の意味が浮かび上がり、未来へとつながるのではないでしょうか。

 

インターネットや携帯が普及している昨今、知識を自分のものにするという意味を理解し、実践することはますます難しくなってきているといえます。教授が学んだことを授業で受け取り、それを暗記し、試験を突破するだけでは大学教育としてもの足りないといえます。大学で受け取った知識を一度忘れ、頭のなかで熟し、静かに内省し、再度立ち現れてきたものを自分の力で言語化し、体系化する、そこに大学教育・高度教育の醍醐味があるのではないでしょうか。

 

大学生活はこれまでの自分の土壌に自分だけの種を植え、それをその後の長い人生で収穫し耕し続けていくための大事な時期であるといえます。折れない心、現実認識力、修正力、未来を信じる力、それらすべてが必要となり、それは自由な大学時代にこそ育ちます。そのような意味で、大学教育の果たす役割はかぎりなく大きいといえます。

義務教育の制度は、世界中の多くの国で普及している制度ですが、当然のことながら、その国ごとに仕組みは異なり、その国の歴史や背景とともに変化してきた制度であるといえます。

 

義務教育は英語では「compulsory education」といい、日本では、中央政府(国)から地方政府まで、保護者がその子どもに受けさせる教育のことをさしています。日本国民であれば、誰でも、法律上、「教育を受ける権利」と「教育を受けさせる権利」の両方をもっています。普段はとりたてて感じないことですが、私たちが当然のように学校教育を受けることができるのは、このように日本国憲法で定められているからです。

 

第二次大戦後から続いている現在の義務教育は「年齢」と関係が深く、日本国憲法では9年間と定められています。ただし、現在の日本では、年齢主義を採用していることから、特別な事情がないかぎり、学齢を過ぎたら義務教育から外れてしまいます。このため、学齢を越えた児童が小・中学校に入学することが難しくなっており、それが問題となっています。

 

第二次世界大戦後、とくに先進国では、戦前に行われていたように、小さな子どもたちが工場で労働力として使われることはほとんどなくなりました。国や時代によって、さまざまな差異はあるものの、私たち日本国民は、この国際化社会において、国際人として世界に羽ばたける人材を育成できるよう、子ども一人ひとりの多様性を尊重しながら、この「子どもが教育を受ける権利」を守っていけるような存在でありたいものです。