学校教育の話題

靴はファッションにおいて重要な役割を持っています。可愛い洋服でいくら着飾ったとしても、靴が汚れているだけでマイナスの印象を植え付けてしまいます。コーディネートの方向性と上手くマッチした靴を選ぶことが昨今のファッションには必要です。しかし、ファッション性を重視し過ぎたために靴ずれを起こしてしまい、失敗したということが多いのも事実です。また、靴選びに失敗すると靴ずれの他にも外反母趾や関節痛のリスクも負わなければならないため、自分に合っている靴を選ぶことが重要です。

 

様々なリスク
靴を履くことと靴ずれや外反母趾などのリスクは切っても切れない縁があります。しかし、これらのリスクは靴の選び方次第、そして靴の履き方次第によっては回避することも可能です。そもそも自分に合った靴を選べていれば、足に負担がかかりにくいため、リスクを限りなくゼロに近付かせることも可能ですが、ファッショナブルに着こなすために機能性ではなくデザインを重視して選びたいという方も多いですし、完璧に自分の足とマッチした靴は見つけることも困難なため、履き方を改善するのがお勧めです。靴ずれを起こしてしまう程度ならば、対処グッズも多く開発されていますし、簡単に予防することも可能です。例えば予防用の中敷きを使ってみるのも良いですし、ジェルを塗って予防することも効果的と言えるでしょう。

 

つま先に負担がかかりやすいヒールに関しては、デザインの特性上、必ずと言ってよいほどそれらのリスクを負わなければならなくなります。対処の方法としては、ヒールを履く時間を少なくするという方法や、無理をして高いヒールを履かないという方法が挙げられます。ここで注意しなければならないことは、靴ずれのように購入後に何かグッズを活用して対処することが不可能という点です。そのため、靴を購入する段階から、靴にある程度の機能性が備わっているのかどうかを見極めることが必要になります。

 

ヒールの場合はこの他にも、履き続けると腰痛を引き起こしてしまうというリスクも併せ持っています。つま先立ちをすると、無意識の内に体がバランスを取ろうとして腰を付き出してしまいます。そして体が沿っている状態が続くと腰にも負担がかかってしまうため、腰痛が起きてしまうのです。腰痛に対する対処法に関しても先ほどと同様のことが言えます。デザインを重視して靴を購入することも重要ではありますが、選んだ際には必ず試着して、自分に合っているかどうかを見極めていくことをお勧めします。また、長時間歩きまわらなければならない時にヒールを履かないように注意するのも効果的ですので、ぜひお試しください。

 

足が痛くなったり腰が痛くなったりすると、歩くことさえ困難になってしまいます。身動きが取れなくなってしまうと、健康に必要な適度な運動もできなくなってしまいますので、痛みが発生するのと共に、様々な病気にもつながりかねません。ちょっと痛む程度ならば大丈夫だろうと気軽に靴を選ぶのではなく、ある程度は自分の健康に関しても意識する必要があります。

 

KiBERAのオーダーメイドシューズ
ファッションに関しても健康に関しても重要な役割のある靴ですが、実はファッション性と機能性を共に持っていることはほとんどありません。足の形は人によって微妙に変化します。たとえば24センチの足の大きさだといっても、それはつま先からかかとまでの長さにすぎません。足の大きさには親指から小指までの幅もありますし、足の裏から甲までの高さもあります。

 

この他にも足首の太さや土踏まずの大きさもあります。そのため、人にいよっては24センチの長さであっても幅が広い靴が合っている場合もあったり、その逆に24センチの靴でも幅は狭い方が足に合っていたりすることもあります。規格品の場合は誰が履いたとしても無難な履き心地になるように作られているため、個人の足にぴったりとフィットするような物は少ないのです。そのため、理想の靴を求めているのであれば、オーダーメイドで靴を作ってもらうことをお勧めします。

 

KiBERAのオーダーメイドシューズは最近話題になっています。その理由はオーダーメイドでありながらも、値段が一般的に販売されている規格品と変わらないという点、また作られる靴が高品質である点が挙げられます。具体的な価格は9,900円から13,900円であり、オーダーメイドであることを忘れさせるような手頃でリーズナブルな価格と言えるでしょう。KiBERAでは、デザインを始めに選ぶのではなく、足の採寸をすることから始まります。各店舗に設置されている最新の3D計測器を使って採寸されますので、より正確でより細部まで大きさを計ることが可能になっています。

 

採集されたデータは国内にいる専属の職人さんに転送され、このデータをもとに靴を作っていくことになるのです。コストを下げるために大量生産する規格品とは違い、匠の技を用いることで足に負担がかかりにくく、最上級のフィット感もある、機能性にも優れた靴を提供することが可能になっているのです。採寸が終わると、シュージュエリスト(靴専門スタッフ)による説明が入ります。どの程度の大きさにするのがお勧めか、またデザインはどのような物を選ぶと良いのかに関してもこの段階で相談いただけます。靴のスペシャリストですので、お勧めの履き方や注意点などについても丁寧なレクチャーを受けることも可能です。靴に関するお悩みがあった際にはぜひご相談ください。

 

ネット通販にも展開
KiBERAでは、インターネット通販にも展開しているため、ご自宅に居ながらにして靴を購入することも可能です。靴の大きさに関しては、1度店舗を訪れ採寸してあるのであれば、そのデータが会員登録時に一緒に記録されるようなシステムになっていますので、ネット通販でも安心してオーダーメイドシューズを購入していただけます。会員になると、この他にも会員限定の割引を受けられたり、限定のセールを行っていたりすることもありますので、よりお買い得です。

 

これまで足が痛くなってしまうという理由からヒールを履けなかった人でも、機能性に優れているオーダーメイドシューズならば難なく履くことができた、という方もいらっしゃいますので、まずは店頭で、足の大きさを計測してみることをお勧めします。

株式会社東理ホールディングスは、東京都中央区に本社を構える企業であり、アルミダイカスト事業や酒類製造業、教育関連事業など幅広くビジネスを展開するグローバル企業です。東証二部上場企業でもある東理ホールディングスはグループ会社をいくつも有しており、それぞれの企業に個性、特徴があります。1934年にアルミダイカスト事業を行っていた東京理化工業所が設立され、その持ち株会社として東理ホールディングスが設立されました。

 

豊富なグループ会社
株式会社東理ホールディングスと言えばアルミダイカスト事業が有名ですが、実際には様々な事業を展開しているグループ会社が豊富に存在します。正確に説明すると、基幹事業であるアルミダイカスト事業を展開しているのはグループ会社である株式会社東京理化工業所であり、福島県白河市に本社があります。アルミダイカストの先進企業として国際的な知名度を持ち、二輪車や自動車、船外機からガスメーターなど幅広いアルミダイカスト製品の開発製造、販売をしています。

 

食品流通事業を展開するグループ会社として、株式会社ボン・サンテ、株式会社グローバルフード&リカーサプライがあります。ボン・サンテは東京都葛飾区亀有に本社があり、豊富な酒類や食料品の販売を行う業務用スーパーを関東地区各地に展開しています。グローバルフード&リカーサプライは中央区銀座に本社があり、こちらは酒類、食品や雑貨の卸売販売を行っています。

 

酒類製造事業では、老松酒造株式会社、株式会社越後伝衛門といったグループ会社があり、それぞれ大分県、新潟県といった酒の名産地に本社を構えています。本格焼酎やオリジナルブランドのアルコール飲料を製造販売しており、越後伝衛門では個性ある風味を持つ大吟醸日本酒が主力商品となっています。
このほかにも、教育関連事業や環境建築事業などを行うグループ会社があり、実に幅広い事業展開をしています。これら豊富なグループ会社の活躍により東理ホールディングスは支えられているといっても過言ではありません。

 

主力産業アルミダイカスト
東理ホールディングスのグループ会社、株式会社東京理化工業所が行っている事業がアルミダイカストの製造販売です。アルミダイカスト製品は自動車や二輪車、事務機器やガスメータなど様々な商品に使用されており、我々の日常生活に深く関わりのある品の中にもアルミダイカスト製品が使用されている品は数多く存在します。
アルミダイカスト製品とは、要するにマテリアルとしてアルミニウムを用いた鋳造品のことを言います。アルミニウムはご存じの通り金属の一種ですが、柔らかい上に軽量という特徴を持っており、加工のし易さにも定評のあるマテリアルです。このアルミニウムを高温により一度融かし、特殊な金型に流し込むことで成形した製品をアルミダイカスト製品と呼ぶのです。
鋳造という技術は古くからありますが、高圧鋳造であるアルミダイカストの技術は海外の方が遥かに進歩しており、その技術を貪欲に吸収し実用化したのが東京理化工業所と言えるでしょう。アルミダイカストでの製品造りは削り出しのような作業に比べると遥かに手間がかからず、しかも高精度な製品を造りだすことが可能です。また、大量生産することも可能であり、作り手側、消費者側共にメリットのある製法だと言えるのではないでしょうか。

 

さきほどアルミダイカスト製品が使用されているジャンルについて少しご説明しましたが、実際には様々なところでアルミダイカスト製品は使用されています。そのため、明確に何に使用されているか、ということを断言するのは難しいと言えるでしょう。つまり、我々の生活に深く関わっているのがアルミダイカスト製品であり、東京理化工業所は様々なシーンで求められている企業とも言えるでしょう。

 

食品流通事業と教育関連事業への注力
東理ホールディングスでは教育関連事業や食品流通事業にも積極的に取り組んでいます。まず教育関連事業ですが、グループ会社には株式会社創研、株式会社創育、株式会社日本スウェーデン福祉研究所、株式会社ウィッツといった各企業体があります。それぞれの企業に特徴があり、それぞれが得意とする分野に的を絞った事業展開を行っています。

 

株式会社創研は大阪市に本社があり、小中、高校生向けの図書教材や、幼児向け英語教材の製作販売などを行っています。スタンダードな教材から差別化した教材まで様々な商品をラインナップに並べており、あらゆる学習課題に応えることができるだけの幅広い商品群が自慢です。

 

株式会社創育は、学校商品や塾商品、書店商品の開発販売を行うと同時に、模擬テストや季節ごとの講習なども行っています。特に公開模擬テストは首都圏最大規模と言われており、これまでの高校入試問題を徹底的に分析した結果作られたテスト問題には定評があります。実際の入試問題を解析して作られた模擬テスト問題なだけに、実際の入試と同じような臨場感の中実力を試すことが可能となるのです。

 

食品流通事業では、株式会社ボン・サンテ、グローバルフード&リカーサプライが活躍しています。ボン・サンテの特徴は豊富な酒類ラインナップであり、専門知識を兼ね備えた店員が質の高い接客も行っています。地域に密着した事業を展開しており、顧客との関係を大事にする業務用スーパーを関東エリア各地に構えています。徹底した社員教育により、他のスーパーのようにただ買い物をするだけの空間でなく、料理に合うお酒の提案などを行っていることも特徴と言えるでしょう。人と人の対話を重視したスーパーを展開していることが特徴であり、地域密着型企業の鑑たる会社と言えるのではないでしょうか。

 

我々の生活に深く関わりを持つ東理ホールディングスの事業は現在も順調であり、株価もここ数年安定しています。採算のとれない店舗を閉店するなどの措置が功を奏した結果となり、依然として株価は安定を見せています。アルミダイカスト事業から食品流通事業、果てには教育関連事業までをも手掛ける東理ホールディングスはまだまだこれからも伸びしろのある優良企業と言えるのではないでしょうか。今後の躍進も楽しみな企業です。

ドイツでは、中等教育終了後、大きく2つのコースに分かれます。職人育成目的の職業教育と、大学教育につながる高等教育です。高等教育進学の場合、「ギムナジウム(8年制)」に進学することになります。日本では中高一貫教育に小学校高学年の期間を加えたもので、ヘルマン・ヘッセをはじめとする多くの文学作品にみられるように、学生たちは思春期の大部分をここで過ごします。

 

大学入学を目指すためには、「アビトゥア」という資格(中等教育卒業試験で日本では高等学校修了資格に相当)を得る必要があることもドイツ教育制度の特徴のひとつです。

 

一方、高等教育を希望しない生徒は義務教育の「グルンドシューレ」卒業後、「ハウプトシューレ(5年制)」と「レアルシューレ(6年制)」で職業訓練を受けます。どちらも日本の中卒資格にあたり、レアルシューレでは、ギムナジウム受験資格を与えられます。

 

ドイツ政府は、「教育機会の平等」として、大学教育までのすべてを国が負担してきましたが、最近では留年する大学生の増加をうけて、教育制度の改革が急務だといわれています。そのため、アメリカや日本のような「単線型」システム的な教育が広まっています。
伝統的なマイスター制度がその在り方を変えつつあることや、12歳で人生を選ぶ「複線型」のシステムを考え直そうという声があがっているためです。

 

これによって、シュタイナー学校のように、義務教育からアビトゥーア取得までをより柔軟に取得できるような学校が増えています。

成人男性の多くの切なる願いは、「頭髪を失いたくない」というものでしょう。まったくそんな悩みとは無縁のフサフサの髪の方もいますが、多くの男性は少なからず気にしなければならない状況になります。

 

いきなり本格的なお値段の発毛剤や育毛剤、はたまた植毛などを考える方は少ないと思います。こちらの男性・女性に選ばれる育毛シャンプー特集|市販ランキングというサイトによれば、まず最初に目をつけるのは育毛シャンプーでしょう。芸能人なども宣伝をしていて、比較的に手に取りやすくなってきたかもしれません。

 

しかしそれでもレジでお会計をするときに少しドキドキするのはなぜでしょう。いずれにしてもこの育毛シャンプーが、育毛に感心を持ち始めた人が最初に興味を示す分野と言えるでしょう。

 

では具体的に育毛シャンプーの成分とはどのようなものなのでしょうか。基本的にいって育毛シャンプーは発毛剤とは違います。発毛、また育毛しやすいように地肌を整えてあげるのが目的です。しかし頭皮を清潔にするだけでなく、育毛を促進させる成分もある程度は入っています。良く聞くものとしてはアミノ酸や海藻エキスなどがあります。

 

その他にもあげればたくさんありますが、聞いても暗記できないような横文字の成分が並びます。イチョウエキスやクロレラなども有名な育毛に適した成分ですね。こうした成分が含まれていますので、「育毛シャンプーだけで頭髪が育つわけではない」と聞いてがっかりしていた方も、是非毎日のケアを育毛シャンプーから始めてみることをおすすめいたします。

日本人は紫色はなぜか妖艶なイメージを持ったり、ちょっとエロティックなイメージを持つ人が多い。どこから始まったイメージかは定かではないが、そのようなイメージが根付いているような気が個人的にはしている。パワーストーンで言う所の紫色はちょっと印象が違う。

 

どちらかといえば、高貴なイメージが強いのだ。紫色の衣装などが古来より高貴な人のものとして扱われてきたこともあり、理想的な色、慈愛に満ちた色とも言われている。パワーストーンで紫色の代表と言えば間違いなくアメジストだろう。高級なパワーストーンブレスレット

 

宝石としても名高いアメジストはパワーストーンとしても色合いが優しく、とてもアクセサリーに入れるにしても用いられやすい。パープライトやスギライトなども紫系の石として扱われている。紫色は小学校の絵画の時間を思い出せばわかるけど、赤と青を合わせた色で構成されている。

 

情熱を表し何かと行動的な赤色と冷静さの象徴であり、落ち着きのある青色が混ざっているので、紫色のパワーストーンはバランスのとれたエネルギーを与えてくれる石であるとも言えるだろう。

 

どちらかに偏りすぎたときなどに用いれば再びどちらかに振れた天秤を戻してくれる色なのだ。高貴な色と言う印象からだろうか、紫色は驕りを象徴するとも言われており、プライドが高すぎる印象もある。もし、紫色のパワーストーンを持つときは、その色から自分はおごらずにバランスのよい行動をとるのだという意識を持っておきたいものだ。

運営者 高沢 岬
お問い合わせ先 info@alohavilla.net
その他 すぐにご返事ができない場合もあります。

音楽ほど、人の心を動かし、豊かにするものはないのではないでしょうか。小学校の音楽の時間で習って皆で歌った歌、皆で演奏した曲、給食の時間、放課後に流れていた曲、帰り道で商店街のスピーカーから聞こえてくる曲、どれもこれも、曲を思い浮かべるだけで思い出が自然とこぼれ出てきます。このように音楽は思い出と密接に関わっています。

 

そのため、音楽が人の思い出や人生に与える影響はとても大きいと考えられています。 ここで、音楽を教育的な視点から考えてみると、「音楽教育」という意味は、教育的に使われた場合、「音楽そのものについて」と、「音楽を通して」の教育の2つに大きくわかれるようです。

 

音楽そのものについての教育は文字どおり、楽器などをつかって、音楽的な技術・専門性を高める目的があります。幼稚園・保育園などで行われるリトミックから、小学校・中学校・高校の楽器を使った授業、また音大などの高度に専門的な授業などを指します。

 

音楽を通じた教育とは、音楽もまたひとつの表現ととらえ、運動会、体育祭、課外活動や合唱コンクールなどを通じて、その集団的・音楽的取り組みのなかで個々の発達に合った成長や喜びを見出すというものです。

 

昨今では、生涯学習としてピアノや声楽などを習う大人も増えています。これも音楽が人に与える癒し、喜び、音楽からもたらされる人生の豊かさを人々が渇望していることのあらわれなのかもしれません。幼い頃の音楽教育は、一生の宝物となるでしょう。

英才教育と聞いて、人は何を思い浮かべるでしょうか。自分には程遠い、縁がない、縁がなかったと感じる人も多くいるかもしれません。身近な例では、バレーやピアノ、水泳、絵画などの習い事に始まり、さまざまな習い事を親にねだった思い出は皆が共通してもっているのでないでしょうか。

 

一般的には、スポーツや芸術、学業など、ある特定の分野に秀でた人間となれるような教育方針を指しますが、「エリート教育」、「ギフテッド教育」などという言葉も聞きなじみがあるかもしれません。

 

一方、一般家庭で育った人とは異なり、特に歌舞伎や能、狂言など伝統芸能の世界では、英才教育として、ごく幼少のころから訓練を受けることが普通です。一芸に秀でた人間を育てるためには、分別を考えたり理解したりする前に、その世界に飛び込ませ、早い段階から環境を整えてあげることが大変に重要です。

 

とくに今日の日本では、国際化社会の昨今、英語を早い段階からマスターさせようという流れがみられますが、これも英才教育のひとつの形だといえるでしょう。

 

英語にかぎらず、子どもの可能性を信じて育ててあげることは親の大切な仕事です。そのとき、注意したいことがあります。それは、ごく初期から一芸を身につけさせる英才教育では、なおさら、その子が何に興味をもっているのか、注意深く観察し、対話や軌道修正を加えながら、子どもの目線になって道を切り開いてあげることが重要ではないか、ということです。

私たちが暮らす日本という国は大学進学率も高く、偏差値や大学ブランドが重視され、そのイメージが就職を左右するという学歴社会であるといえます。そのため、とりたてて大学とは何か、その本質を考える機会は少ないようにみえます。

 

その結果、大学教育には「教育」という側面から遠く離れ、「就職斡旋業」や「サービス業」のような意味合いがよくついて回ります。

 

大学で学生は本質的には何を学び、何を得るのでしょう。このことを真剣に考えたとき、はじめて大学教育の意味が浮かび上がり、未来へとつながるのではないでしょうか。

 

インターネットや携帯が普及している昨今、知識を自分のものにするという意味を理解し、実践することはますます難しくなってきているといえます。教授が学んだことを授業で受け取り、それを暗記し、試験を突破するだけでは大学教育としてもの足りないといえます。大学で受け取った知識を一度忘れ、頭のなかで熟し、静かに内省し、再度立ち現れてきたものを自分の力で言語化し、体系化する、そこに大学教育・高度教育の醍醐味があるのではないでしょうか。

 

大学生活はこれまでの自分の土壌に自分だけの種を植え、それをその後の長い人生で収穫し耕し続けていくための大事な時期であるといえます。折れない心、現実認識力、修正力、未来を信じる力、それらすべてが必要となり、それは自由な大学時代にこそ育ちます。そのような意味で、大学教育の果たす役割はかぎりなく大きいといえます。

義務教育の制度は、世界中の多くの国で普及している制度ですが、当然のことながら、その国ごとに仕組みは異なり、その国の歴史や背景とともに変化してきた制度であるといえます。

 

義務教育は英語では「compulsory education」といい、日本では、中央政府(国)から地方政府まで、保護者がその子どもに受けさせる教育のことをさしています。日本国民であれば、誰でも、法律上、「教育を受ける権利」と「教育を受けさせる権利」の両方をもっています。普段はとりたてて感じないことですが、私たちが当然のように学校教育を受けることができるのは、このように日本国憲法で定められているからです。

 

第二次大戦後から続いている現在の義務教育は「年齢」と関係が深く、日本国憲法では9年間と定められています。ただし、現在の日本では、年齢主義を採用していることから、特別な事情がないかぎり、学齢を過ぎたら義務教育から外れてしまいます。このため、学齢を越えた児童が小・中学校に入学することが難しくなっており、それが問題となっています。

 

第二次世界大戦後、とくに先進国では、戦前に行われていたように、小さな子どもたちが工場で労働力として使われることはほとんどなくなりました。国や時代によって、さまざまな差異はあるものの、私たち日本国民は、この国際化社会において、国際人として世界に羽ばたける人材を育成できるよう、子ども一人ひとりの多様性を尊重しながら、この「子どもが教育を受ける権利」を守っていけるような存在でありたいものです。